新亜光学工業株式会社のIRフィルターの特徴

IRフィルターは案外身近な製品に使われています

IRフィルターとはどのような時に使うのでしょう?

このコラムをシェアする

赤外線が写し出すもの

10~380ナノメートルの電磁波を放つ赤外線。380ナノメートル以上の電磁波は色として可視化されます。つまり、赤外線は普段目で見ることが出来ず、赤外線カメラを通してのみ見ることが出来ます。
IRフィルターを通すと暗闇を写しても晴天の中で写しても、同じように写るのです。つまり、防犯カメラにとても適したカメラ機能と言えます。
防犯カメラを屋外で使うとして、昼間はカラーで映っている方が対象物が認識しやすく防犯カメラとしてとても機能しますが、IRフィルターを通した方がより対象物を認識できる場合は光の調整を自動的に行う機能が必要になってきます。この機能の小型化とIRフィルターの効果的な利用について、現在新亜光学工業では特許を出願中です。

芸術目的にも使われています

通常の白黒モードで撮る写真とまた違った雰囲気の出る赤外線カメラで撮る写真。その写真はどこか幻想的で不思議な雰囲気があります。
IRフィルターで撮る写真を専門としている写真家も居ます。
カメラにはIRフィルターを使用したもの以外にも、沢山の機能があり、どんどん進化する技術によって新しい芸術が生まれていきます。
実用を目的とした技術から、芸術が生み出されるのはとても素晴らしい事ですね。
ただし、赤外線カメラは物の持つ赤外線を全て映し出してしまいます。つまり人間を被写体とする場合は、撮り方によっては下に着ているものまでもを映し出してしまう事があるのです。わざわざそれを目的に撮る事は無いとは思いますが、プライバシーの侵害になりますのでご注意を。